スタンド型ビールサーバーGH-BEERO(グリーンハウス)

スタンド型ビールサーバーGH-BEERO(グリーンハウス)

オシャレなバーで飲むような、上質なクリーミー泡のビールを再現!

超音波式で誰でも簡単に美味しいビールが注げます。乾電池式だから屋外でも活躍!

「スタンド型ビアサーバー」は、ご家庭でビアホールのような泡を超音波で簡単に作ることができる家庭用ビアサーバーです。

お好みの缶ビールを入れて、超音波できめ細かいクリーミーな泡を作ることができます。

全体加圧方式により330ml・350ml・500mlの缶ビールに加え、瓶ビール(小瓶)にも対応し、お店の生ビールサーバーのように、レバーで液体と泡を切り替えられますので、どなたでもお好みのバランスで注ぐことができます。

また、ビールを包み込む保冷剤により、冷蔵庫で冷やしたビールをさらに冷やすことが可能です。

ガスなどを用意する必要はなく、単3形乾電池2本で動作、グラス・ジョッキを選びませんので、こだわりのグラス・ジョッキで、さらにおいしくビールを楽しめます。

毎日の晩酌はもちろん、パーティー、アウトドア、父の日などお酒好きの方へのプレゼントにもおすすめです。

・ それは1秒間に4万回の振動の泡

コクのあるクリーミーな泡は超音波振動によって生み出されます。重要なのはその周波数。

徹底的に検証した結果、振動周波数を40kHzに設定しました。これは1秒間に約4万回という目にもとまらぬ速さで振動させているということになります。

・ だから非常にきめ細かいクリーミーな泡!

泡は大きさによって性質が異なります。大きな泡はすぐに弾けてしまいますが、細かい泡は長持ちしてクリーミーな感触をもたらします。

ビアホールでは大きな泡が消えるまで1分ほど落ち着かせてから泡を継ぎ足したり、大きな泡の部分を取り去るなどの処理を行うことで細かい泡の割合を高め、美味しい状態を長時間維持しています。

弊社の製品は超音波の力によって細かい泡をいつでも、いくらでもお好みの量で注ぐことができます。

・ そもそも超音波は周波数の数字が高ければ良いのでしょうか

おいしいビールの泡を作る超音波、その周波数は安易に高くすればいいというものではありません。周波数の単位はHz(ヘルツ)、1Hzは1秒間に1回の振動となり、目的・各部材に合わせた適正な周波数によってのみ、最大の効果を生み出すことができます。

グリーンハウスは様々な部材と周波数を検証、40kHzが最も適していると判断しました。ゆえに1秒間に5万回でも6万回でもなく「1秒間に4万回の振動」のみが、極上のビールの泡を作ることができるのです。

また、超音波振動は1回当てれば充分、ただ単純に超音波振動部を増やしても、泡に超音波振動を当ててるだけなので、効果が上がる事はありません。

スタンド型ビールサーバーGH-BEERO(グリーンハウス)を最安値価格で通販購入する方法

スタンド型ビールサーバーGH-BEERO(グリーンハウス)を最安値価格で購入するには、「楽天」「Yahooショッピング」で購入することをオススメします。

他で購入されても価格は違わないかもしれませんが、「楽天」「Yahooショッピング」のメリットとしては「送料無料」「ポイントが付く」などがあります。

購入・詳細はこちら

Copyright© 大人気&注目商品の口コミ紹介ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.